天国言葉と地獄言葉   

私は特に宗教を決めていませんが、神の力を信じる方かもしれません。
それは、小さい頃からずっと神の力によって、いい方向に導かれているように感じることが多いからです。

ずいぶん前ですが、ブログ巡りをしているときに天国言葉と地獄言葉について書かれている日記を読みました。

「天国言葉」というのは、人を元気付けたり、勇気付けたり、励ましたり、癒したり、救ったり、幸せにしたりする言葉で、相手のためになる良い言葉だそうです。
ツイてる
うれしい
楽しい
感謝しています
幸せ
ありがとう


地獄言葉はその逆で、不平や不満、愚痴や泣き言、人の悪口・文句や心配事を口にすることだそうです。

「天国言葉で人に話しかけられる人っていうのは、相手を幸せに導くだけでなく、自分も幸せに導かれるようになっています」
「言葉にはパワーがあるの。もし地獄行きの言葉を言ってしまったら、『ツイてる』と10回言ってみて!」
「辛いことやイヤなことは魂が修行をしているのよ。その課題をクリアしたら、ちゃんとごほうびが待っているから、何も心配いらないの」

不思議と意識していると、天国言葉が自然に出てくる!出てくる!
子どもにもこのことを話したのですが、自然に出てくるようになり、いやなこともいいことにおきかえれるような。
何事も考え方一つだなと思います。
[PR]

by aya_nakasato | 2007-01-30 23:23 | ライフ

<< 黒ごまベーグルと黒糖プチパン 人とのつながり >>